カツオクンミュージックスクール|豊田市・瀬戸市・長久手市・みよし市の音楽教室

電話番号0565-77-0972
メニュー

ブログ

2017/02/24

カンくん☆ボーカルスクール

こんにちは♪

カツオクンだよ!今日はボーカル教室の紹介をするね。ほぼ1ヶ月ぶりのブログ更新です。皆さん、お待たせしました♪ごめんなさいね!

今日紹介するのは、菅先生(以下カンくん)。

メキシコの観光地にカンクンって都市があります。桃太郎電鉄、通称「桃鉄」というゲームで出てくるんですが、観光地として賑わっている都市なので、カンクンの物件を買うと結構儲かります。だから僕は、次の目的地がメキシコの場合、いつもカンクンに寄り道したくなります。

この桃鉄というゲーム、どんなゲームなのかみんな知りたいかな?

知りたくないよね♪関係ないよね!ボーカル教室の紹介早くしろ!って感じだよね。ボクも桃鉄の説明するの面倒だし。ごめんね!関係ない話して。

あ、ちなみにカンクンという都市は実在します。いつか一度は行ってみたいです。カンくんと。

 

さあ、それではカンくんの紹介をします。

彼とは、もう20年くらいの付き合いなので、今日紹介できるのはほんの0.1パーセントくらいかな。カンくんの紹介を細かくさせてもらうと軽く3日間くらいはかかるので。それ程、僕とカンくんには数え切れない程の歴史と思い出があるんです。

それでは、カンくんの事をざっくりと言うと、天才的なミュージシャンです。

カンくんはシンガーソングライターと言って、自分で作詞、作曲、編曲をして自分で歌うミュージシャンです。最近はアコースティックギターを持って弾き語りをするイメージが強いですが、元々は超うるさいロックをエレキギター持って歌ってました。

ミュージシャンとしてのカンくんは、作詞するにも作曲するにも、常に明確なイメージを持ち、編曲に関しても、ベースの動き、ドラムのリズムなどもある程度イメージを持ちながら、自分で演奏できるスキルを持っています。そしてそれをパソコンを使っての編集もしながら、自分の作品を作っていく事ができます。

もちろん、それくらいの事ができるアマチュアミュージシャンはたくさんいますし、中にはプロ顔負けの作品を作る強者もたくさんいます。

先ほど僕が言ったパソコンで曲の編集をする方法の事を、デスク トップ ミュージックと言います。日本人は基本せっかちなので、ソレをD T M と略します。となれば、カツオクン☆ミュージックスクールは当然K M S となります。

そう言えば、昨年教室をオープンさせたばかりの時は、お問い合わせの電話を受ける時いつも

「カツオクン ミュージックスクールです♪」と言っていましたが、長いので段々と面倒になってきて、最近では、「カツオクンです!」とだけ言っています。その後、クスッ♪とお客さんの声が聞こえる時があります。それを聞いてこっちもなんだか嬉しい気分になります。皆さん、リラックスして電話をしてくれているな、と。僕は知らない人に電話をかける時は結構緊張してしまうので。

しかし、さすがに「K M Sです!」と言ってしまったら、間違えました!って言って切られそうな気がするのでそれはしません。

話を戻しますが、DTMもそうです。僕も最初はなんの事かと思いました。だから、DTMレッスンなんてなんの事だかさっぱりわかりませんでした。まぁ、ネットで調べたらわかりますけどね。

そして、DTMというものを覚えると、どんな素晴らしい事が待ち受けているのか?

ボーカル教室やカラオケ教室というのは、歌を気持ちよく歌えたり、人前で上手く歌える為の方法を知り、自信も身につけ、そこから生まれる心のゆとりや余裕を持って、音楽を楽しみながら人生を充実したハッピーなものにしちゃおーぜ♪

というのが本質だと、個人的には思っています。

だから歌う事が楽しくなることで、今よりもっともっと幸せな音楽生活を送ってもらえる事が、講師の願いであるし、とても嬉しいです。数あるボーカル教室もそう考えていると思います。

そして、さらに欲が出てきたら、自分のオリジナル曲を作って、自分の歌を録音して綺麗に編集し、作品として残せたらなー。と考えるようになるかもしれません。

でも、楽器なんて一切できないし、作り方もわからんし、やっぱ無理だわ。無理無理。絶対無理‼︎

と考えている人は大勢いらっしゃいますが、そんな人の為にDTMは活躍します。楽器なんて一切できなくていいのです。作曲に必要なメロディー、ハーモニー、イカしたリズムなど、機械が徹底的にサポートしてくれます。音楽の知識なんて要りません。

最初は誰でもそうなんです。最初の入り口は無理せず、意地を張らずに人に頼ればいい。DTMを覚えるにもパソコンの使い方さえ分からない人でもいいのです。カンくんが親切に説明致します♪

ここでようやくカンくんの話をしますが、昔からカンくんの事をよく知っている僕から見ると、カンくんのような天才肌の人間は、講師には向かないと思ってました。正直言って。なぜなら、歌や楽器を上達する術を、感覚的に理解してしまうから。理屈に頼らず、聴いた音楽の素晴らしさを理解し、再現し、自分のモノにしてしまう事があまりに上手だからです。これがなかなか普通の人には難しいのです。感覚的にやれてしまう事って、伝えるのがものすごく難しい。だって、それが出来ない人の気持ちが分からないからです。

名選手、名コーチにあらず。という言葉がありますが、カンくんはその典型的なタイプだと思ってました。最初は!

しかし、予想を裏切って、なんとカンくん、指導が上手なんです。生徒さんの好みに合わせて、歌い方指導はもちろん、エレキギター、アコースティックギターも、彼はかなりの腕前であり、教えるのもかなり上手。それは、僕自身がカンくんに歌唱指導を受けた時に感じました。それにカンくんのレッスンは面白いし、やっぱり音楽の事、すごく愛しているし、よく分かってます。

それに、カンくんは歌、ギター、作詞、作曲、編曲、どれをやってもカンくんの独特な魅力溢れる音楽を作ってしまう、良い意味でのマルチプレイヤーです。音楽を楽しみたい皆さん、カンくん式上達方法、盗みに来ないかい?待ってるぜ?

楽器やれないし、バンド組むとかも興味ないけどカラオケは大好き♪みたいな人、大歓迎です!

是非、カンくんの体験レッスン、受けに来てくださいね♪

お問い合わせ、お待ちしております。

とりあえず、ほんのちょっとだけ語れたかな。

ではまた♪

 

 

 

 

 

コメント0件

コメントを残す

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近のコメント

プロフィール